投稿者削除
(投稿者により削除されました)
  • (削除)
  • 2017/07/16 (Sun) 11:57:01
KSSはご自身でいれましたか?
レスが遅くなってすみません。
知恵袋でもレスしたakuda_ikanこと悪代官です。
2つのログも見せてもらいました。

そのログを見たところ、
現時点では明らかに怪しいところは見えないようです。

入っているセキュリティソフトはウイルスバスタークラウドなので、ACでの検出がトレンドツールバーの疑いは高いですが、他に掃除したほうがいい部分もあるので、全体を解析しながら進めましょうか。

まず最初にお伝えしておきます。
見てのとおり現在相談者さん多数のため、相談受けてから皆さんに順番にレスできるまで、毎回1日かそれ以上かかる可能性もあるので、すみませんがご了承ください。

では以下の説明をよく見てから、順番に作業をお願いします。
既に準備した物もあるはずですが、一応説明を再度見ておいてください。

隠しファイルと拡張子を表示設定にしてください(やり方↓)
http://pasofaq.jp/windows/mycomputer/hiddenfile.htm
http://support.microsoft.com/kb/978449/ja

下記のツールをダウンロードして、基本の使い方を把握しておいてください。
ただし、配布サイトで他のアプリをダウンロードしろと勧めてくるような広告も出てきたらそれらは絶対にクリックしないでください。
「GeekUninstaller」(通称:GU)
説明ページ↓
http://www.gigafree.net/system/install/geekuninstaller.html
ダウンロード↓
http://www.geekuninstaller.com/download
「download free」をクリック、保存後、解凍してください。
片付ける時はフォルダごと手動で削除してください。

「CCleaner」(通称:CC)
説明↓
http://www.gigafree.net/system/clean/ccleaner.html
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n178757
ダウンロード↓
http://www.piriform.com/ccleaner/download/standard
最新バージョンをダウンロードしてください。なお、インストール時におまけのアプリも勧めてくることがありますが、それらはチェック外してインストールは避けてください。
片付けるときはアンインストールしてください。

ここで重要な注意です。
CCは本来は高い性能を持つメンテナンスソフトですが、間違った使い方すると
【Windowsにダメージを与えてしまうおそれもある】
ので、ここでは解析ツールとしてのみ使います。
説明をしっかり読んで、自分が指示した以外の操作はしないように。

そして下記ページは作業開始前に必ず熟読して、必要な場合が出たらそれに沿って対処してください。この対処が必要な事例が増えています。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n335704

準備できたら作業開始です。
なお、このあとの作業で探しても見つからないものはスルーして進めていいですが、指示した対象外の物は絶対にいじらないようによく見て作業してください。

また、作業のうえで削除指示するものもあるはずですが、ご自身で必要として入れたものがあればそれの削除は保留して、次のレスでその旨を教えてください。

最初にWindowsUpdateの確認して、必要な更新があればそれを全部更新してください。
ですがそこで更新ができないようならこの後に説明する作業はせずに更新失敗の旨をレスで教えてください。
WUが正常にできなくすることで、感染の解析処置を阻害してくる危険なマルウェアが激増しているためです。
Windowsの各種更新(WindowsUpdate)は常に最新に適用しておかないと、それだけで危険な感染はすぐにでも起きますよ。

なお、Windows10への更新はユーザー自身がよほど必要でなければ非推奨です。
http://www.japan-secure.com/entry/Windows_Update_7.html
http://www.japan-secure.com/entry/how_to_suppress_the_free_upgrade_of_Windows_10.html

少なくとも下記のアプリは旧バージョンです。
>PDF-Viewer Tracker Software Products Ltd 2017/04/17 61.6 MB 2.5.317.0

各種アプリの更新を怠っただけでも、脆弱性を悪用されて深刻な感染はあっさり起きます。
使うなら最新版に更新してください。使わないアプリならアンインストールが安全です。
他にも旧バージョンないか調べて、あれば同様に更新するか、アンインストールしてください。

ここでWindowsの標準機能である「システムの復元」での復元ポイントをひとつ、手動で作成しておいてください。
これはこの後の作業で、間違って対象外のものをいじってしまうとそれだけでWindowsに深刻な不具合を起こすこともあるので、万一の際に復元可能にしておくためです。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/create-a-restore-point

今度はPCをセーフモードで起動してください(やり方↓)
http://www.pc-master.jp/sousa/s-safemode.html
Win8の場合は以下を参考に。
http://freesoft.tvbok.com/win8/tips-and-tools/safemode.html

HJTを起動させ、スキャンを行ってください。
スキャン結果が表示されましたら、以下の項目にチェックを入れてください。
ただし、特にHJTでの作業は一歩間違えれば簡単にPCが起動しなくなるため、こちらが指示した以外のものは絶対にチェックを入れないでください。
>O4 - HKUS\S-1-5-18\..\Run: [KSS] "C:\Program Files (x86)\Kaspersky Lab\Kaspersky Security Scan\kss.exe" autorun (User 'SYSTEM')

>O4 - HKUS\.DEFAULT\..\Run: [KSS] "C:\Program Files (x86)\Kaspersky Lab\Kaspersky Security Scan\kss.exe" autorun (User 'Default user')

必要な項目すべてにチェックが入りましたら、Fix checkedをクリックしてください。
探しても見つからないものはスルーして進めていいです。
このKaspersky Security Scanはマルウェアではありませんが、セキュリティソフトとはいえない簡易ツールなので今は削除します。
ご自身で必要として使う予定なら今回のレスが終了後にご自身で判断してください。
もし覚えもないのにいつの間にかこれが入っていたならそのまま削除しておいていいでしょう。

ここでPCを通常モードで再起動してから、スタートメニューの「アクセサリ」→「システムツール」から「ディスククリーンアップ」を起動してください。
起動したら対象ドライブでCドライブを選択してスキャンして、表示された中の「ダウンロードされたプログラムファイル」「インターネット一時ファイル」「一時ファイル」の項目だけチェックを入れてから「OK」「ファイルの削除」を押してください。
これを実行すると選択した部分のゴミファイルが掃除されます。

これを実行することで作業時にスキャンで検出される無駄なゴミファイルも減るのでその分かなり時間や解析も楽になるのです。
「ごみ箱」など他の項目にチェックしないのは、間違って正常なファイルを削除しないためと、もし正常なファイルを削除してごみ箱に入れても戻せるようにするための措置です。

続いてCCを起動してください。
起動したら、「ツール」→」「スタートアップ」→「Windows」タブを開いてください。
そこで右下の「テキストとして保存」を押すと、表示の内容がログとして保存できるので、ログをデスクトップにでも保存しておいてください。

次に「スケジュールされたタスク」タブと「コンテキストメニュー」タブのログも同じ要領で保存してください。

続いて今度はCC画面の左側にある「Browser Plugin」の項目から「InternetExplorer」タブ以下の各タブも順番に開いて、そのログもとっておいてください。

CCの各ログをとったらCCは終了してください。

このあとブラウザを起動して、数時間ほどPC状態を様子見したあと、あらたにHJTとCCでのインストール情報ログを取り直してください。

取り直した両ログと、CCの各ログを返信に貼って、状態報告とともにレスください。
それらを見てから続きの作業を指示します。

CCの各タブのログで何が見つかるかどうかが最初の鍵になりそうです
  • 悪代官
  • 2017/07/16 (Sun) 17:12:02
今回は両ツールでスキャンだけしましょう
作業と報告、ご苦労様です。
続きの各ログも見せてもらいました。

>KSSは自分で入れました。一つのセキュリティソフトでは
>検出漏れの可能性があるとどこかで読んだためです。
>このログを取得する以前に「プログラムと機能」より
>アンインストールしていたのですが、残っているものなのですね

はい、複数のセキュリティティソフトで複数の角度から検出できればそれにこしたことはないですね。
ただ、そのKSSはあくまで常駐保護機能を持たないブラウザ用拡張としての機能しかないので、本来のセキュリティソフトとはいえないものです。
機能限定の簡易型ツールとでも思っておいてください。
むしろメインでお使いの他社製セキュリティソフトとの競合のおそれもあるので、この種のツールはあまりいくつも入れないほうが安定します。
それとブラウザ用拡張自体、いくつも入れるとブラウザやPC自体の動作まで重くなることも避けられませんので。

pdfアプリの更新と、HJTでのfixもできたようなのでこちらはいいでしょう。
症状も今は沈静化しているようですね。

各ログ上でもおかしなモノは今のところ見えないようです。

>これ以降の作業では
>「AdwCleaner」「Malwarebytes' Anti-Malware」
>によるスキャン、検出されたものの除去、ログ保存等が考えられると思います。

はい、ほとんどの相談者さんのスレでは手順としてその作業を次にやってもらうことになります。

>そこで疑問なのですが、今回の検出されたレジストリが
>AdwCleanerによる誤検出だった場合、
>検出されたものを除去してしまっても問題ないのでしょうか。

今回の本題であるレジストリなら、仮にAC上からそれを隔離削除しても、一度ウイルスバスターを普通にアンインストールしたうえで再インストールすればACで隔離した対象エントリも復活するのでその点は大丈夫です。
それでも他に何が見つかるか分からないこともあるので、ツールでスキャン後に隔離せずにログ保存だけしてからそのログをレスで見せてもらいましょうか。

ではその作業をお願いしましょう。

以下のアプリを準備してください。
「AdwCleaner」(通称:AC)
http://www.bleepingcomputer.com/download/adwcleaner/dl/125/
ファイル直リンです。アクセスしてファイルをデスクトップにでも保存しておいてください。
片付けるときは起動後に「uninstall」ボタンを押せば自動で削除されます。
使い方は下記サイト様に詳しい説明があるのでサンショウウオ↓
http://www.japan-secure.com/entry/adwcleaner.html

Malwarebytes' Anti-Malware(通称・MBAM)
本家サイト
http://www.malwarebytes.org/

ですが、MBAMは現在安定性や動作でかなり難が出ており、普通に使っても正常にスキャンができないバグまで多発中です。
そのため本家サイトから最新版のダウンロードせず、ここではあえて旧バージョンで作業します。

旧バージョンの説明サイト↓
http://www.japan-secure.com/entry/blog-entry-7.html

以下のURLからMBAMの旧バージョンをダウンロードしてください。
http://www.oldapps.com/malwarebytes.php?old_malwarebytes=12090?download
ファイル直リンです。保存しておいてください。
作業終了後はPCをセーフモード状態で、GUを使ってアンインストールすればいいですが、うまくできないときはセーフモード状態でスタートメニューのMBAM項目で「アンインストール」選択しても削除可能です。

注)インストール時に日本語でインストールすると文字化けすることがあります。英語でインストール後に日本語化してください。
MBAM起動して「Settings」タブ→「Language」→「Japanese」で日本語化できます。

上記2ツールの使い方は既にご存知でしょうが確認を兼ねて案内しておきます。

準備できたらMBAMをインストールとアップデートまでしておいてください。
ただし、ここではまだスキャンはしないように。
なお、ここでMBAMの更新で「プログラム」自体は更新せず、定義だけ更新しておいてください。
プログラム本体を更新すると、バグ多発中の最新版になってしまうので、せっかく旧バージョンでインストールした意味がなくなります。
アップデートできたらスキャンはせず、ここでMABMは終了してください。

両ツールのアップデートまでできたらPCをセーフモードで再起動してから、ディスククリーンアップを使ってゴミファイルの掃除してください。
ただしここでは普通のセーフモードではなく、「セーフモードとネットワーク」を選んで起動してください。

クリーンアップが済んだらセーフモードのまま、ACを起動してください。
起動したら今度は「スキャン」したあと、そのスキャン終了したらそこで「ログファイル」ボタンを押して、スキャンした直後のログ(日時が表示されるのですぐわかります)をダブルクリックするとその内容が表示されますから、それをデスクトップ上に保存です。
ログを保存したらACは一旦終了してから、続いてMBAMを起動です。

MBAM起動したら「スキャナー」タブから「フルスキャン」してください。
対象ドライブはCを含めて全ドライブを選択してください。

スキャン対象は全ドライブを選択(チェック)してください。時間はかかりますができるだけ細かくスキャンするためです。

MBAMもなにか検出されてもそこでは隔離はせずログ保存だけしてください。
「詳細を表示」で内容が表示されたら「ログを保存」です。

両ツールの結果ログを保存したらPC再起動後、両ログをレスで見せてください。
  • 悪代官
  • 2017/07/17 (Mon) 20:26:52

返信フォーム






プレビュー (投稿前に内容を確認)